腫瘍科

腫瘍科のQ&A

腫瘍科のQ&A

診療時間はいつですか?

検査と説明をしっかりと行うため通常外来とは別に、月曜日と水曜日の13時~16時の間で完全予約制にて受け付けています。
お電話でご予約を承ります。

腫瘍科のQ&A

そもそも「がん」ってなに?

悪性腫瘍ともいわれる「がん」ですが、私たちの体や、わんちゃん、ねこちゃんの体には、たくさんの遺伝子があり、遺伝子の制御で細胞を分裂させたりしています。その遺伝子に傷がつくと、「がん」のもとになる悪い細胞が生まれます。その際に、がんを抑制する遺伝子の働きがうまくいかない場合や免疫力が低下しているとがん細胞は排除されずに増えていきます。

進行するとどうなるの?

進行するとがんが大きくなって、わんちゃんやねこちゃんの体に悪影響を及ぼしはじめます。悪いものであれば、他の臓器にも転移していき、最終的には死にいたらしめる恐ろしい病気です。早期発見、早期治療が重要といわれています。

死亡原因で最近一番多いのはがんと聞いたけど本当?

現在、中高齢(4~12歳齢)のわんちゃんの死亡原因は「がん」がもっとも多いのは本当です。二番目に多い原因として、心臓病、腎臓病があります。ねこちゃんの死亡原因は、感染症や腎臓病によるものが多いため、がんによる死亡原因が一番ではないですが、最近は昔に比べて寿命が延びたこともあって「がん」を患うねこちゃんもずいぶん多くなってきました。

がん専門の病院(獣医)ってあるの?

現在、日本国内では、腫瘍科をもつ大学付属動物病院や日本獣医がん学会で認定された獣医腫瘍科認定医がいる病院、米国獣医内科学専門医(腫瘍学)のいる病院などが、がん専門またはがんを多くみている病院です。

日本獣医がん学会ってなんなの?

動物のがん診療・研究を発展させることを目的に作られた組織で、1月と7月の年に2回の学会があります。動物とそのご家族のために獣医がん診療レベルの向上を目指し、講演や症例発表などで活発な議論を行っています。

獣医腫瘍科認定医ってなんですか?

がん診療に必要な専門的知識や技術を持っている獣医師です。日本獣医がん学会で定められた講習を受け、年に1回行われる試験で優秀な成績を修めることで認定医になることができます。
認定医一覧は こちら