循環器科

循環器とは

ボールで遊ぶ犬

心臓と血管の病気を扱う科であり、不整脈や弁膜症、または心筋症などがわんちゃんや猫ちゃんに多い病気です。
まずはそれらの病気を正確に判断し、お薬の飲み方や検査の頻度などをアドバイスいたします。また、わんちゃんに多い弁膜症などは外科手術が適応となる場合があります。必要に応じてそちらの施設へのご紹介などもいたしておりますので、お気軽にご相談ください。

診察時間について

検査と説明をしっかりとするため、通常の外来とは別に完全予約診察を受け付けております。
他院からの紹介の方は、血液検査やレントゲン画像も持参してください。また、通常の外来や他院にて心雑音を指摘された方などもお気軽にご相談ください。

診察受け付け日時

火曜日・金曜日の13:00~16:00

ご予約はお電話にて承っております

TEL:075-501-2139

TEL:075-501-2139

心臓病に必要な検査

  • 身体検査(聴診など)
  • 血圧測定
  • 心電図検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • 心筋バイオマーカー測定(血液検査)

ペットの主な心臓病について

犬の心臓病

先天性疾患(生まれつきある心臓や血管の異常)として、動脈管開存症、肺動脈狭窄症、大動脈狭窄症、心房または心室中隔欠損症などが挙げられます。
後天性疾患(生後なんらかの原因で発生する心臓病)では、僧帽弁や三尖弁の閉鎖不全症、肺高血圧症、フィラリア症、拡張型心筋症などが挙げられます。
特に僧帽弁閉鎖不全症は中高齢の小型のわんちゃんに多い病気であり、多くが内科的な管理で進行を遅らせることが可能です。

猫の心臓病

先天性疾患としては心房または心室の中隔欠損症、大動脈狭窄症などが挙げられます。
後天性疾患としては肥大型や拘束型などの心筋症が挙げられます。

院内での検査画像

僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症、逆流)

なんらかの原因(多くが加齢性)により、僧帽弁がしっかりと閉鎖できず、血流の逆流が生じる疾患です。

検査画像

正常な心臓の四腔像
正常な心臓の四腔像です。
正常な四腔のドプラー像
正常な四腔のドプラー像です。
MRの四腔像
MRの四腔像です。
MRの四腔像のドプラー像
MRの四腔像のドプラー像です。
正常な胸部のレントゲン画像
正常な胸部のレントゲンです。
MRのわんちゃんの胸部レントゲン画像
MRのわんちゃんの胸部レントゲンです。

症状

  • 咳がよく出る
  • 散歩に行きたがらなくなってきた
  • 呼吸が苦しそう
  • 痩せてきた
  • ふらついたり、倒れたりする
  • どこか元気がない

治療

以下のような症状が見られます。
内科的治療下記のようなお薬を合わせて管理します。
  • ACE阻害薬
  • 利尿薬
  • 強心薬
  • 血管拡張薬
外科的治療原因となっている弁の再形成をします。
  • 弁輪縫縮術
  • 腱索再建術

肥大型心筋症

心筋が肥厚することにより、全身に血液を送り出しにくくなる疾患です。

検査画像

正常な猫の心臓の四腔像
正常な猫の心臓の四腔像です。
HCMの子の四腔像
HCMの子の四腔像です。

症状

以下のような症状が見られます。
  • 呼吸困難
  • 歩行異常
  • 足を触ると異常に嫌がる
  • 四肢が冷たい

治療

内科的治療下記のようなお薬を合わせて管理します。
  • 強心薬
  • 利尿薬
  • 抗血栓薬
  • 血管拡張薬

他院との連携について

オリーブ動物医療センターでは、外科手術が必要とされるわんちゃんを助けるため、循環器外科を実施している施設へのご紹介もいたしております。
術前から術後のケアもしっかりといたしますので、お気軽にご相談ください。

循環器科のQ&A

診療時間はいつですか?

検査と説明をしっかりと行うため通常外来とは別に、火曜日と金曜日の13時~16時の間で完全予約制にて受け付けています。
お電話でご予約を承ります。

循環器科とはどういう病気のことですか?

心臓と血管の病気を扱う科です。心臓のリズムが乱れているような不整脈も対象となります。動脈管開存症のような先天性疾患から僧帽弁閉鎖不全症など心臓病は数多くあります。それらを適切に診断・治療し、お薬の飲み方や検査の頻度などもアドバイスいたします。

どんな時に受診すれば良いですか?

心臓に雑音があると獣医師から指摘され治療中だがよく病状がわからない、今後どうなっていくのか、他に治療法はないのか知りたい。
些細なことでも疑問や不安があればお気軽に受診してください。

受診の際に準備するものはありますか?

他の動物病院で検査されたもの(血液検査やレントゲン、心電図など)をお持ちください。なければ大丈夫です。
現在飲んでいるお薬があれば、お薬の種類がわかる処方箋もお持ちください。処方箋がなければ現物をお持ちいただければ助かります。

心臓病が悪化するとどうなりますか?

心臓病にもよりますが、咳が出る、動きたがらないなどの症状が多いです。しかし心臓病は無症状なことが圧倒的に多く、症状が出た時はかなり進行しています。動物は体調の変化を言葉で訴えることができませんから早期発見、早期治療が大変重要になります。

どんな検査をしますか?

聴診、レントゲン、心電図、心臓エコー検査、心臓マーカーなどを組み合わせて行います。どの検査も麻酔を必要としないため負担はそこまで重くないと思います。しかし不安で検査が苦手な子は飼い主様と一緒に検査させてもらうこともよくあります。ご希望であればすべての検査に同伴することが可能ですのでお気軽にお申し付けください。